--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-24

道路料金、全面見直しに否定的=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、民主党の要望を受け高速道路の新料金制度を再検討することに関し、「引き取って検証する。一部修正はあるかもしれないが『はい、見直す』というばかなことはない」と述べ、全面的な見直しには否定的な考えを示した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【Off Time】街ある記-富山県魚津
高速料金、割り引き維持=鳩山首相
高速料金、詰めの甘さ露呈=政権内ドタバタ
高速料金を再検討=参院選への影響懸念

苦手分野に重点=実用問題も多数-学力テストが終了・文科省(時事通信)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
<長島一由議員>選挙運動費に整体や散髪代支出 報告書修正(毎日新聞)
大手スーパーを視察=野菜価格高騰で-農水相(時事通信)
<高崎自然動物園>名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)

2010-04-21

<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)

 【愛知】発車オーライ--。鉄道ファンが喜ぶ銭湯が、一宮市桜にある。森俊樹さん(59)が経営する松降(まつふり)浴場。脱衣場に縮尺150分の1のNゲージ(レール幅9ミリ)2車線が走り、レールの総延長は約26メートル。うわさを聞いて訪れた人の顔に浮かんだ「何これ?」という驚きは、すぐに笑みに取って代わられる。

 プラモデルや鉄道模型を作るのが趣味の森さんが、コミュニケーションの場にしようと脱衣場を改築し、昨年5月、友人と「桜の森鉄道」を開通させた。レールは高さ1メートル、縦1メートル20センチ、横2メートル70センチの台の上に設置されている。JR各線の銀河、フラノエクスプレス、トワイライトエクスプレスなどの列車が走り、最大11両が収納できる機関庫も設置されている。

 駅のモデルは現在のJR尾張一宮駅。背景は駅から見た一宮市東部の写真だ。設置したてのころは殺風景だったが、徐々に“開発”が進み、民家や公園といった街並みや工事現場、ガード下の居酒屋なども建てられ、本物そっくりの精巧な風景が出来上がった。松降浴場や行きつけの居酒屋など“ミニ町内”を目の前にして、湯につかりに来たお客さんたちの顔も自然となごむ。

 森さんは「昔の銭湯のようにうちわ片手に将棋とはいかないが、模型を見て走らせ、触れ合いを楽しんでもらえれば」と話している。

 平日の午後4時~10時半まで走行させられる。入浴料(400円)が必要。日曜日には無料走行会を開く。問い合わせは森さん(090・7021・4041)。【渡辺隆文】

【関連ニュース】
松降浴場:鉄道ファンもびっくり 模型で我が町再現--一宮で森さん経営 /愛知
鉄道模型フェス:「たま電車」初登場--和歌山マリーナシティ /和歌山
鉄道模型:16メートルジオラマで走行会 あす豊中で「鉄道研究会WOO」 /大阪
あちこち・あいち:鉄道模型運転会--岩倉 /愛知
静岡ホビーショー:歴史ブームで「三国志」「戦国時代」の模型目立つ

リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止-厚労省(時事通信)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
万引き容疑、警官見るなり自分の胸刺す…男死亡(読売新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
森づくり、削減CO2「貯金」通帳に(読売新聞)

2010-04-19

福岡の英会話学校米人、わいせつ容疑4度目逮捕(読売新聞)

 福岡県警は14日、教え子の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、同県内で英会話学校を経営する米国人の男(70)を婦女暴行、児童福祉法違反(いん行)容疑で再逮捕した。

 男は、すでに教え子の女児3人に対する婦女暴行容疑などで3回逮捕されており、「すべて(性教育の)指導のためにやった」と供述しているという。

 発表によると、男は数年前、英会話の研修名目で女子を自宅に連れ込み、わいせつな行為を繰り返した疑い。「親には言うな」と口止めしており、女子は「先生なので抵抗できなかった」と話しているという。

 県警は男の自宅から約600本のビデオテープなどを押収。画像などの分析結果から、男が十数年前から女児ら約40人にわいせつ行為を繰り返していたことがわかっている。

 県警は、男が教え子の女児ら十数人の裸などをビデオカメラで撮影していたことを確認しており、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑で福岡地検に追送検する。

仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」(産経新聞)
衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も-帰国の駐在員、旅行者ら・成田空港(時事通信)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)
<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)
首相動静(4月16日)(時事通信)

2010-04-12

ホームセンター駐車場で4歳、車にひかれ死亡(読売新聞)

 11日午後4時40分ごろ、埼玉県三郷市彦野、ホームセンター「スーパービバホーム」の駐車場で、東京都足立区梅田、幼稚園児荒井笑佳ちゃん(4)が乗用車にひかれ、頭などを強く打って間もなく死亡した。

 県警吉川署は車を運転していた東京都葛飾区東金町、アルバイト新井義行容疑者(38)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。容疑を同致死に切り替えて調べている。

 発表によると、新井容疑者は「前の車に気をとられていた」と供述しているという。笑佳ちゃんは家族5人で買い物をした後、兄や姉らと近くのスーパーに歩いて向かう途中だった。

銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)
インフル患者、10週連続で減少(医療介護CBニュース)
東京湾に接岸中の船から出火(産経新聞)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
日中首脳、来週会談へ=核安保サミットに合わせ(時事通信)

2010-04-07

富良野塾 「僕が一番学んだ」 閉塾で倉本さん(毎日新聞)

 「感動を創(つく)るものは走らなければならず、感動を得るだけなら座しても可能だ。走るか、座るか覚悟を決めなさい。おれたちは此処(ここ)にいてずっと走ってる。行ってらっしゃい」。北海道富良野市の演劇の私塾「富良野塾」を26年間主宰してきた脚本家で演出家の倉本聰さん(75)は4日、こう言って最後の25期生16人を送り出した。【横田信行】

 「育ててくれたテレビ界への恩返し」と、84年、私財を投じ、同市西布礼別(にしふれべつ)の谷に塾生たちと一緒に住む家から自分たちで建てた。授業料などは取らず、農作業などで生活費を稼ぐスタイルにこだわった。塾生に課したのは「自己責任で」だった。

 最終公演に選ばれた「谷は眠っていた」など7本の舞台作品を発表し、高い評価を得てきた。「若者の力を信じることができた。原石としての若者は素晴らしい」と手応えを感じる一方、「年々応募してくる若者の質が低くなってきた。本気で芝居をしたいのではなく、覚悟も教養もないまま、受け身で教わろうという態度が目立ってきた」と危機感を募らせてきた。

 自身の気力、体力の低下も意識するようになった。「力を使い果たして終わるのが嫌だった。プロのステップアップの場にすると同時に、若い脚本家が自作を舞台化できる環境を整えたい」と閉塾を決めた。

 演劇を通し若者と本気でぶつかってきた26年間を「僕が一番学んだ」といい、この日のために集まった卒塾生らと「次にやることが控えている」と笑顔で新しい出発を誓った。

 今後は卒塾生らによるプロの演劇集団「富良野GROUP」の活動に力を注ぐ。卒塾生には舞台で活躍する俳優のほか、人気テレビドラマを手がける脚本家も少なくない。「テレビ界に一石を投じようと塾を始めたが、波紋も見えずにむなしい思いもした。だが、川底の小石たちが洪水の流れをせき止めてくれるのでは」と期待を寄せる。

【関連ニュース】
富良野塾:26年の歴史に幕 多くの俳優、脚本家を育成
倉本聰さん:北海道教育大学で講義 教師の卵に演劇的手法
時代を駆ける:倉本聰/6止 親父に精神的遺産もらった
時代を駆ける:倉本聰/5 富良野塾で僕が一番学んだ
時代を駆ける:倉本聰/4 「北の国から」は全部体験したこと

概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)
日米密約 「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)
保護者らの無理難題に困惑!対応マニュアル配布(読売新聞)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
<大阪・谷町線>ケーブル切断で4時間不通、15万人に影響(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。