--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-09

<調停委員>外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議(毎日新聞)

 兵庫県弁護士会は、神戸家裁の調停委員に推薦した弁護士2人について、同家裁が外国籍であることを理由に選任を拒否したとして、今月1日付で抗議声明を出した。家裁は「調停委員は公権力を行使する公務員で日本国籍が必要」と説明している。

 調停委員は、隣人トラブルや離婚など、民事裁判に至る前に仲介、解決を図る。選任規則に国籍条項はない。弁護士会によると昨年10月、韓国籍の2人を推薦したが、12月に選任拒否の連絡があったという。声明は「調停委員は公権力の行使と認められない」としている。

【関連ニュース】
日弁連会長選:宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票
日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点
訃報:渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長
懲戒処分:駅員暴行で有罪、弁護士を処分--第二東京弁護士会
犯罪被害者:支援、弁護士らが団体設立

石川議員の辞職勧告決議案、自公が起訴後提出へ(読売新聞)
外相の「継続使用」発言批判=普天間移設、首相と不一致-社、国(時事通信)
<沖縄連絡室>内閣官房の職員らが兼任(毎日新聞)
公明、太田前代表衆院選へ(産経新聞)
<ドコモ>関東甲信越で通信障害 FOMAの通話途切れる(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。