--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-23

矛盾と謎 不可解説明 政治資金めぐり 小沢氏強気どこまで…(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が保有する不動産は十数件、計約10億円に上るが、小沢氏のこれまでの説明は不可解そのものだ。記者会見では「違法なことはしていない」の決まり文句を連発し、強気な態度で追及をけむに巻いてきたが、いつまでもそれが通用するだろうか。「遺産」「秘書寮」「単純ミス」の3つのキーワードをもとに、矛盾と謎を追った。(阿比留瑠比)

                   ◇

 【遺産】小沢氏の元秘書で衆院議員の石川知裕容疑者らが東京地検特捜部に逮捕されたきっかけは、小沢氏の私邸にほど近い東京都世田谷区の3億4千万円の土地購入問題だった。

 調べに対し、石川容疑者はこの土地購入の原資を「小沢氏の父親からの相続財産」と供述し、小沢氏は16日の民主党大会で「積み立ててきた個人資産」と説明した。

 ゼネコンからの裏献金ではないと印象づけたいのだろうが、小沢氏は自民党総務局長当時の昭和58年1月、産経新聞のインタビューでこう語っていた。

 「私の亡父(佐重喜元建設相)も票田こそ残してくれたが、遺産はなかった」

 鳩山由紀夫首相は長年にわたり、実母から年1億8千万円の「子ども手当」をもらいながら「全く承知していなかった」と語った。小沢氏も同様に億単位のカネですら「遺産のうちに入らない」という感覚の持ち主なのか。

 【秘書寮】「秘書に宿舎(寮)を提供してやろうと買った」

 小沢氏は問題の土地の購入理由をこう説明してきた。また、国民の税金である政党助成金を含む政治資金の使途に関し、「(事務所の)賃貸はよくて購入はよくないという論理は分からない」とも述べている。

 とはいえ、総務省に届け出のある現職国会議員の資金管理団体のうち、土地を保有するのは陸山会だけ。小沢氏と同期(衆院当選14回)で40年余の国会議員歴を持つ民主党の渡部恒三元衆院副議長も10日のテレビ番組で「政治家が、政治資金で土地を買ったという話は生まれて初めて聞く」と明言した。

 そもそも秘書寮が本当に必要だったのか。

 「そんなもの必要なはずはない。陸山会の収支報告書には載っていないが、小沢邸から歩いていけるところに前から秘書が住んでいる複数の一軒家がある」

 元秘書の一人がこう語る通り、小沢邸から徒歩3~4分の場所には、小沢夫人名義で秘書らが住む複数の戸建て住宅がある。優に10人以上は住めるスペースはすでに確保されていた。

 小沢氏を自民党旧田中派時代から知るベテラン秘書は「故人を含めて小沢氏の秘書はたくさん知っているが、みんなひどい待遇だった。大金をかけて自分名義の土地を買い、寮を建てるぐらいならば給料を上げてやればよいのに」と憤る。

 【単純ミス】陸山会の政治資金収支報告書は、石川容疑者が土地購入資金として「平成16年10月上旬に小沢氏から受け取った」と供述した4億円の記載がなかった。

 これについて、小沢氏は「単純なミスのような話」「計算上のミス」と主張し、「一点のやましいところもない」と強調するが、言葉通りには受け取り難い。陸山会の収支報告書ではほかにも奇妙な部分が指摘されてきたからだ。

 例えば、秘書寮の所在地については産経新聞が指摘するまで「深沢6丁目」と記載していたが、実際は「深沢8丁目」。ほかにも港区に3320万円で購入した土地・建物に関して「港区青山」という存在しない地名を記していた。

 その一方で陸山会は、保有している複数の土地・建物に関し、「居住する秘書のセキュリティーなどのため」として不動産地番の号数を省いて記載する周到さを見せている。

 少なくとも、小沢氏が繰り返し自賛してきた「政治資金の透明性」は陸山会にそぐわない。

鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」(産経新聞)
買い物履歴を公開する米SNSが話題 プライバシー保護は大丈夫?(産経新聞)
<核燃再処理工場>稼働凍結求める10万人署名 首相に提出(毎日新聞)
不審火で自宅全焼…女子中生に「殺す」と脅迫、龍谷大生を逮捕(産経新聞)
彬子さま、英国へ出発(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。